最大化(Full Version) | トラックバック | ユーザ情報 | お気に入り画像登録


画像情報



投稿者:平 一
基本情報
タイトル 文明課題対策図(改訂最新版)
タグ *文明 *文明の星 *持続可能性
コメント 人工知能(AI)を中心とする新技術と、その活用政策が、
現代の様々な課題を解決できることを示した図です。

旧図では持続可能性を三つ挙げましたが、
この図では四つとしています。

理論的には資源、環境、貧困、戦争などに分類できる文明課題を、
技術と政策が解決するのですが、
ここでは実務的な政策の視点から課題を分け直したうえで、
それぞれの対策に活用できる技術を書き出しました。

第一に、技術的政策の課題が、物的資源の持続可能性です。
(資源枯渇、環境破壊、都市老朽化や災害・犯罪などの問題に対し、
富の安全を含む生産に役立つ技術を、健全に開発・利用する政策の
課題なので、その富を〝物的資源〟という要素で表現しました。)

第二に、経済・社会政策の課題が、経済・社会活動の持続可能性です。
(拡大・複雑・加速化する経済・社会活動を健全に保つため、
富の再投資も含めた分配を調整し、再生産と再分配を両立させる政策の
課題なので、〝経済・社会活動〟の持続可能性となりました。)

第三に、人的資源政策の課題が、人的資源の持続可能性です。
(少子高齢化や文明活動の高度化などによる、
経年・経代的な健康水準の低下や、教育難度の上昇に対応するため、
政策実現に必要な、人々自身の健康・教育を高める政策の課題です。)

第四に、行政管理政策の課題が、制度・政策の持続可能性です。
(経済・社会活動の拡大・複雑・加速化に対応すべく、
必要とあれば大勢が動くが、それにあたっては衆知を活かせるよう、
国際化あるいは|全球統治《グローバルガバナンス》と、政治的民主化や経済的自由化のような、
制度・政策の巨大化と分権化を両立させ、
政策の高度化を可能とする政策の課題です。)

4つの政策(課題)及び持続可能性はそれぞれ、
人々が生きるのに必要な富の生産と分配に関わるもの及び、
作って分ける人間自身の向上と活用に関わるものといえましょう。

(新・旧図とも、一般的な区分とは異なる部分があります。
一般的に、社会活動の持続可能性は、
人的資源[教育・保健]のそれを含めて語られますが、
ここでは経済活動と合わせて経済・社会活動の持続可能性とし、
人的資源の持続可能性を独立させました。
旧図では、制度・政策も広くは経済・社会活動の一部だとして、
前者の持続可能性を後者のそれに含めましたが、
新図では、制度・政策独自の持続可能性を重視して、独立させました。)

人類は今、文明の転換期(文明段階の移行期)にあります。

農耕技術は、文明を生み出しました。
工業技術は、文明を世界的に拡大しました。
情報技術は、地球という空間的限界への到達による衝撃を緩和しました。

しかし人類文明はまだ、
この惑星上における時間的な持続可能性を見通せていません。
様々な資源・環境問題、経済・社会問題、
あるいはその背景となる教育・医療問題、
さらには行政活動自体の進歩の必要性といった、
政策上の課題が生じつつあります。

それらを在来技術だけで解決するのは難しいですが、
新たな画期的技術も生まれつつあります。
新たな文明段階を|拓《ひら》く技術を開発し、
普及・活用し得る政策が求められています。

技術と政策は助け合いますが、長期的な変化の順序もあります。
文明の発展段階は技術に始まり、政策で完成します。
科学・技術が経済・社会活動を豊かにすると、
その技術水準での活動を健全に保つため、政策が利害を調整し、
それが制度として確立されると、文明段階が完成します。

しかし、人間の欲求は無制限的なので、
文明段階の限界を越えるため、政策は新たな技術の開発も求めます。
そこでこの図では、現段階での政策課題をまとめたうえで、
その解決に役立つと期待される新技術を書き出しました。

人工知能(AI)を中心とした様々な次世代技術は、
生物など自然物と、機械など人工物の間の障壁を取り払い、
いわば|良《い》いとこ取りで両者の持続可能性を高める、
体内環境を含む自然環境や社会環境に優しい、
持続可能性(環境親和)技術ともいうべき技術です。

研究・開発政策を初め、各種の政策が連携して、
そうした新技術の健全な開発・普及を助ければ、
それらの技術は社会をさらに豊かにするだけでなく、
新たな社会を健全に保つ、各種の政策も支援してくれます。

新素材・新エネルギー技術は、
主に|社会基盤《インフラ》政策など、技術的政策を助けてくれます。

IoTとビッグデータ処理、知能ロボット、|生物工学《バイオテクノロジー》/|生体工学《バイオニクス》技術は
産業振興・社会保障など経済・社会政策を助けてくれます。

先進医療・教育技術は
保健・教育といった人的資源政策を助けてくれます。

以上のような数々の次世代技術は、
行政組織における技術利用や組織・予算運営、人材育成など、
行政管理政策も助けてくれます。

現在において特に重要な点は、〝人的資源〟の向上が、
技術的にも政策的にも可能、かつ必要とされることだと思います。

人工知能(AI)を中心とした次世代技術は、
富の生産と分配に加え、富を作って分ける我々自身、
あるいは最も貴重な富と言うべき健康や教育の向上、
さらにはその活用をも、可能にしつつあります。

今では政策においても、生活水準の向上や少子高齢化、
地球規模の自然的限界と社会的統合への接近、
あるいは大量破壊兵器の出現などを背景に、
淘汰の犠牲や|費用《コスト》、|危険《リスク》なき人的資源の維持・向上が求められています。

そこで、すでに国連では〝持続可能な開発目標(SDGs)〟や
〝|人間の安全保障《ヒューマン・セキュリティ》〟
〝責任投資原則(SRI)〟(ESG投資)といった政策、
我国でもソサエティ5.0やスマート(スーパー)シティ、
スマートグリッド、マイナンバー、データヘルス、エデュテック活用
などの政策が考えられているのではないかと思います。
iコード i495497 掲載日 2020年 10月 21日 (水) 12時 35分 49秒
ジャンル イラスト 形式 JPG 画像サイズ 1755×1241
ファイルサイズ 803,926 byte

◆この画像のURL
◆この画像のトラックバックURL

以下のURLを貼り付けることで、ブログや自身のホームページで画像を共有することができます。





Gamma版につき現在、評価/コメント機能はありません。機能はユーザの意見を参考に随時追加します。
Gamma version.This site is Japanese only.

-みてみん(Mitemin)-